勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

QEMUを使ってKNOPPIXを起動させるのにqemu-knoppix.batが無かった話

   

手軽にWindowsからLinuxを起動させたいということで
KNOPPIXのイメージを落としてCDに(DVDにも)焼いてみた。

で、QEMU版で起動しようとしたとき、
色んなサイトで
「CD内のqemu-knoppix.batを実行」
と書かれていたのだけど
そんなファイルは全く存在しない。

公式ページを見ると
こんな情報が

qemuの修正
Linux,Windows版の使用メモリを 192MBにしました。
qemu-knoppix.batでの起動を二つ目の cloop に対応。
Windows版 qemuを 0.7.0にしました。Windows版の 0.7.0で DVD Driveからの直接起動は、次のように行なえば可能になったようです。
DVD Driveが D:の場合
qemu.exe -L . -m 192 -boot d -cdrom \\.\d: -user-net -enable-autdio -localtime
注) Keyboardなどが Grabされたままの場合は、Ctrl+Alt+Delを押せば強制的に外す事が出来ます。

ということで上記コマンドを試すけど
何も起動しない。

qemuを単体で実行すると
Booting from DVD/CD
Boot failed: Could not read from CDROM (code 0003)
No bootable device.

結局トライアンドエラー(褒められたもんじゃないな)
でたどり着いた起動コマンドは

qemu.exe -L . -m 128 -boot d -cdrom d:

「-L .」はBIOSのパスってあるけど意味不明
よくよく調べると
ダイナミックリンカのサーチパスらしい。
X86用のライブラリのルートパスなんだけど
どうして「.」でいいんだろう

「-boot d」がCD-ROM起動をいみして
「-m 128」は仮想RAMサイズだけど
デフォルト128らしいから指定するだけ無駄か

まあびっくりするくらい遅いけど。
なぜかマウスをGRABらないし。

で結局DNSMASQをWindowsでやりたかったんだけど
DebianベースのLinuxディストリビューション。
とある

なので、Ubuntuなどと一緒で
パッケージ管理はapt/aptitudeで行う

sudo aptitude install dnsmasq してみる
とそんなパッケージはないと。

あれ?

今度はこれをみていかないとダメだな。

 - 未分類 , ,