勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

ISC BINDのサービスを起動しようとしたらエラー1069やエラー1067が発生する

   

さっきはISC BINDのインストールに成功したので、
services.mscでサービスの一覧を出して
ISC BINDを起動しようとした

—————————
サービス
—————————
ローカル コンピュータ の ISC BIND サービスを開始できません。
エラー 1069: ログオンに失敗したため、サービスを開始できませんでした。

—————————
OK
—————————

あれ、やっぱり無理やり
Administratorでインストールしたのが
よくなかったか?

右クリックでプロパティ
→ログオンで
適当なアカウントに変更してみる
—————————
サービス
—————————
ローカル コンピュータ の ISC BIND サービスを開始できません。
エラー 1067: プロセスを途中で強制終了しました。

—————————
OK
—————————

どはまり・・・

一旦、ISC BINDをアンインストールして
もう一回インストールするしかないか。

今度はドメインのユーザ名を入れてインストール

—————————
BINDInstall
—————————
Error creating service
(アカウント名が無効であるか、または存在しません。あるいは、指定したアカウント名のパスワードが無効です・
—————————
OK
—————————

うーん。
ということは
ローカルのアドミンじゃないとインストールできないけど
ローカルのアドミンでインストールしてしまうと、
ドメインのユーザーでログインしたときに
サービスが起動できないということ??

とりあえず、インストールはローカルアドミンで実行。
その後起動して、
エラー 1067: プロセスを途中で強制終了しました。
を出して、
スタート→コントロールパネル→管理ツール→イベントビューア

でログを確認すると
loading configuration from ‘C:\WINDOWS\system32\dns\etc\named.conf’
open: C:\WINDOWS\system32\dns\etc\named.conf: file not found

あれ、参考ページだとこれ無くても
サービス開始してるんだけど

と思いつつnamed.confを作成し、
お決まりで
could not configure root hints from ‘named.root’: file not found
をくらいつつ、named.rootも作成し、
無事にサービスが開始できた。

疲れたから明日以降、きちんと設定していこう。

 - 未分類 , ,