勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

gavotte ramdiskをインストールした→結局vsuite ramdiskにした

      2012/07/24

今の作業用パソコンのメモリが2GBしかなかったので、
メモリ2GBx4枚を購入し換装した。
しめて8千円をちょい下回るくらい。

↓これね、安かったし評価も高い
シー・エフ・デー販売 メモリ デスクトップ 240pin PC2-6400(DDR2-800) DDR2 CL5 4GB(2GBx2枚) 永久保証 W2U800CQ-2GL5J

といってもWindowsXPでは
3GBまでしか認識しないので
あとはRAMDISKとして使用する。

RAMDISKとは
メモリ上の領域を
HDDのように読み書き可能な
ディスク領域として扱うこと。

ただし、実際はメモリなので
ここに記憶されたファイルは、
再起動時に消えてします。

ここをブラウザや各種ソフトの
TMPディレクトリ(消えてもいいファイル)
にしてしまえば、動作の高速化が可能。

ramdiskはソフトウェアから設定可能で、
gavotte ramdiskというソフトが有名

Gavotte Ramdisk まとめWIKI
最新版

Gavotte_RAMDisk_1.0.4096. 5 _20081130 を
「7z (@wiki内)」のリンクからダウンロード。

解凍後、
ramdisk.exeを実行し、
Install Ramdiskをクリック

その後Disk Sizeなどの
リストボックスが選べるようになるので、
16Mに設定する
(勝手に最大まで引き上げてくれる)

これでインストール終了
拍子抜け。

あとは、RAMDISK内に保存したファイルを
HDDに退避、復帰をするなら
なんかひと手間必要だったかな・・・。

と思ったら vsuite ramdiskというソフトが
最近もサポートされているし、
日本語メニューのうえ、
上記のイメージ退避、復帰も簡単
そのうえ、gavotte ramdiskより高速
ということなのでそちらを導入することにした。

※ただし作れるRAMDISKは4GBまで

vsuite ramdisk 日本語版DL
あとは、chromeのキャッシュの保存先を
RAMDISKに変更すればよし。

Windows XPでシンボリックリンクを
作成できるソフトを使うか、
CHROMEの起動オプションを使うか。
(正確にはジャンクション)

シンボリックリンクだと
他のソフトのキャッシュフォルダも
簡単に変更できるので、
シンボリックリンク作成ソフトの導入がお勧め。

その場合は
Link Shell Extensionというソフトが
簡単なよう。

でも英語だったので、こちらの
Windows XP用のコマンドラインついーるを使わせてもらう
http://homepage1.nifty.com/emk/

symlink-1.06-x86.cab 32bit版をダウンロードし、
とりあえずlnを叩く

usage: ln [-s|-j] <target> <linkname>

うーん。
多分ジャンクションだから-jオプションなんだけど
ちゃんと説明を呼んでおく

>ln foo bar
でfooに対してbarという名前のハードリンクを作成します。

>ln -s foo bar
でfooに対してbarという名前のシンボリックリンクを作成します
ジャンクションを作成するためのオプションは -j に変更されました。

じゃあ早速Google Chromeの
デフォルトのキャッシュフォルダを変更しよう。
デフォルトのフォルダは自分の環境だと次の通り。
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default\Cache

早速ジャンクション作成

ln -j R:\temp\chrome\cache\ “C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default\Cache”

ln: 既に存在するファイルを作成することはできません。

おっと。
Google Chromeを終了してから再度挑戦
今度は成功。
Chromeを起動したら、
R:\temp\chrome\cache\
以下にキャッシュが作成された。

とりあえずこれでramdiskの作業は
いったん終了して
あとはちょこちょこ修正していこう。

あ、今回は
システムのプロパティ→詳細設定
→パフォーマンス「設定」→詳細設定
で仮想メモリのサイズは0にしました。
メモリは十分あるという判断。

心配なら2GBくらい
ページングファイルに割り当ててもいいかもしれない。
(R:ドライブに設定する)

 - 未分類 , ,