勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

Facebook市長と高木浩光が対決しているらしい

   

ガジェット通信を見ていたら
Facebook市長がセキュリティ専門家が
ケンカしてる、みたいな記事があって
そもそもFacebook市長ってなんだ?
と思ったのだけれど、
佐賀県武雄市長の樋渡啓祐(ひわたしけいすけ)
のことを指すらしい。

で、よくある市政と技術屋のケンカだろう
と思っていたら相手が高木浩光だった上に
「政治的圧力をかけると脅迫されてる」
みたいな文言もあったので
これはただごとじゃないのか?
と思ってちょっと記事を読んでみた。

図書館の貸し出し管理を
Tカードで行って
TSUTAYAの運営会社CCCに
任せてしまえ、という話かな。

ガジェット通信の記事では
高木浩光よりの意見になっているように感じたけれど
(高木浩光がどういう人物か知っていれば
 そうなってしまうのはわからなくもないが)
かいつまんで言えば
個人情報の認識の違い。

AmazonなどのECサイトで
レコメンド機能が登場した時も
話題になったけれど、
本名以外の行動履歴が把握されていて
それに対しておススメ商品が出るのって
大丈夫なのか?
とか、あとはTSUTAYAの規約に従うことで
予期せぬ不都合が出るとか
(これはセキュリティ専門家なら提言して当たり前のこと)

これって多分答えは出ない。

IT業界に身を置く人たちは、今まで散々、
企業と、顧客と、国とでこういった問題扱って
何一つ決まらなかったケースを散々みてるでしょう。

で、見切り発車したとして
問題が出るかというと
そりゃ出るよ。だってリスク潰してないんだから。

で、法改正やなんかで対応。
セキュリティ専門家としては
ふざけるな!って状況だろうけど
この流れはなかなか変わらないでしょう。
原発だってバス事故だってそうだったんだし。

それはそれとして、
樋渡啓祐の次のような発言は
看過できない(ガジェット通信さんからの引用だけど)

・あなたがリツイートした内容も含めて上司に報告し
 判断をしてもらいますし、多くの国会議員にその内容を報告します。
・僕は霞ヶ関そして国会議員に働きかけます。国会で取り上げてもらいます。
・非公式に経済産業省本省からは違う反応が返ってきてますよ。
・国家公務員としてその言動はあり得ない。責任問題ですよ。
 国会で取り上げてもらうべく、国会議員に働きかけます。
・逃げてますねー。
 今週上京してあなたの職場にこのblogを持って行きます。
 上司に判断してもらいましょう。
・では、僕があなたの上司にあなたのblogを携えてお願いに行きますよ。
 ちなみに元経済産業省事務次官には伝えましたが、
 「困ったものだ。」と言ってましたよ。
・逃げたらダメですよ。あれだけ言っておいて。卑怯だ。

うん、首長としてすごく最低。
佐賀県武雄市の人は何にも感じないのか?

 - 未分類 , , ,