勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

電子書籍の世界規格EPUBが縦書きも可能に!一方シャープの規格XMDFは早速ガラパゴス化か

   

電子書籍「世界規格」が上陸 縦書き・ルビも可能に

欧米の電子書籍の標準規格「EPUB(イーパブ)」が
縦書きの日本語に対応できるようになり、
国内の出版界で今後広がる見通しになった。
楽天などもEPUBの採用を決めている。

「日本製でないと無理ではないか」
と言われていたルビなど複雑な日本語表記が、
「世界標準」の規格でも実現可能

シャープが。
またやらかしてしまいました。

自動車にしろ電子書籍にしろ
ルール作りをしてしまって
世界市場を支配したいのは分かりますが、
決断力が無くて英語も苦手な日本企業には
世界規格を作るのはまだまだ早いかな、
と思っております。

楽天の英語公用化をバカにする人もいるけど
英語なんてしゃべれて当然、
とならないと規格策定なんか無理ですよ。

どんなにXMDFエンジンの移植性が高くても
その移植に日本語サポートが必要なんじゃ
技術者だって採用したくないでしょう。

事実、Googleで
「EPUB」「XMDF」を検索すると
XMDFの数は圧倒的に少ないです。
ガラパゴス化が始まっている証拠です。

 - 未分類 , ,