勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

大量リストラ、希望退職で日本経済に大ダメージを受けるのは間違いないのに誰もなにもしない

   

タイトルの通り。
今、大変なことが起きてる。
なのにみんな指をくわえてみている。

シャープを例にとってみると
8000人もリストラ(というか人員減)を計画している。

内訳はこうだ

2000 希望退職
600 定年退職
1300 堺工場SDPを非連結
1100 海外拠点
3000 メキシコと中国でリストラ
——–
8000 合計

シャープなんてごく一部。
こんなくらーいニュースも出ている

2012年の早期希望退職実施企業、50社・1万5000人超…東京商工リサーチ
http://response.jp/article/2012/09/03/180684.html

1万5000人超っていうけど、
ことしはまだ数ヶ月残ってる。
これは8月30日までの数字。
去年は一年通してやっと8623人だったのに、
今年はすでにその1.7倍に到達している。

この記事で希望退職者が多いのは
ルネサスの募集人数5000人。
NECの応募人数2393人。
シャープの募集人数2000人。
八千代工業の応募人数771人。
アルバックの募集人数700人。

リストラは含まれてないってこと。

こちらの記事は同じ内容だけど
より詳しい表がある。
眼鏡業界も家電販売も悲惨らしい。

サラリーマンを襲う“リストラ地獄”!40歳以上が標的
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20120903/ecn1209031123000-n1.htm

パナソニックとソニーはどうした?
あすこはリストラオンリーだったか?

パナソニック、30代も希望退職対象 本社スリム化
http://www.asahi.com/job/news/OSK201209140041.html

電機大手のパナソニックが、本社をスリム化するために、30代の若手社員も対象に希望退職を募ることがわかった。約7千人いる大阪府門真市の本社社員のうち、研究開発部門に所属する約1千人を配置転換し、これとは別に、定年退職者と希望退職者を合わせ約1千人を削減する計画だ。

希望退職と定年退職者であわせて1000人。
結構な数。

ソニーと言えば有名なのはこの発表

ソニーが全世界で1万人の人員削減へ、2012年度中に
http://www.fukeiki.com/2012/04/sony-cut-10000-job.html

電機大手の「ソニー」は、2012年度に全世界で約10000人の人員削減を実施すると発表しました。

そのうち1000人はモバイル

ソニーモバイルがリストラ策発表、本社機能は東京に
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120823_554909.html

日本の東京、スウェーデンのルンド、中国の北京にある拠点の体制および機能の変更を発表した。あわせて全体の15%にあたる約1000人の人員削減も行われる。

ただしこれは2013年度末までの計画

実はちょっと前にも
大量リストラを行ったばかり

SONY 全世界で16,000人の人員削減策を発表
http://www.fukeiki.com/2008/12/sony-16000-layoff.html

正社員8,000人、非正社員8,000人、生産拠点は5〜6箇所の閉鎖、これを10年3月期末までに行うとのこと。

今年発表じゃなくても
何年計画でリストラを行う企業もある

リコー リストラで残った社員も残業禁止、年収150万カット
http://www.mynewsjapan.com/reports/1640

業績の悪化から、昨年(2011年)5月に、グループ全体の約1割にあたる1万人を2014年3月末までに削減すると発表した、複合事務機大手のリコー。その一環で国内対象に希望退職1600人を募ったところ、今年1月には、募集枠の1.5倍にあたる2340人もが応募し、人員整理が進む。

期限までに、まだあと1年半残ってる。

オリンパスだって
オリンパスが2014年3月末までに2700名の人員削減へ
http://www.fukeiki.com/2012/06/olympus-cut-2700-job.html

それから日本IBMやエルピーダには
確実にリストラの波が迫りつつある。

というか大規模な発表をしないだけで
内部では、着々とやっているらしい。

あとは富士通。
今年の初めに、富士通とNECが赤字で
NECはリストラの道を、富士通は人員維持を選んだ。
さて、結果どうなっているか。

富士通の2012年4〜6月期決算は減収赤字、海外事業や携帯電話が不振
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120727/412481/

富士通は2012年7月27日、2012年4〜6月期の連結決算を発表した。売上高は前年同期比2.9%減の9573億円。営業損益は250億円の赤字で、前年同期171億円の赤字から79億円悪化した。最終損益も237億の赤字(前年同期は204億円の赤字)となった。

駄目だったよ・・・

いちおー言っておくけど
ここにまとめたのは大手のリストラの話で
リーマンショックの経験から言えば
これが一気に下請けに波及して大変なことになる。

あとはテレビ局や芸能人も
リストラってよく聞くけど
こっちは数値がイマイチ不明。

 - 未分類