勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

南鳥島周辺で海底から230年分のレアアース見つかる、国内での大量の発見は初めて、盗られないように!

   

南鳥島周辺の海底(小笠原諸島です、遠い・・・)で
海底から大量のレアアースが見つかりました。
現在は中国が独占していますから、
これで中国依存が脱却できるどころか、
日本が資源国になる可能性もあります!

南鳥島周辺でレアアースの泥 EEZ内で初

日本の最東端の南鳥島周辺の排他的経済水域内の海底に、
ハイテク製品に欠かせないレアアース(希土類)を
大量に含む泥の大鉱床があることを東京大の研究チームが発見した。
同様の泥は南東太平洋の公海上などで見つかっていたが、
日本のEEZ内では初。
国内の年間消費量の200年分を超える埋蔵量とみられ、
採掘が実現すれば中国からの輸入依存を脱却できる可能性がある。

発見したのは東大大学院の
加藤泰浩教授(地球資源学)らで、
東京都内で開催中の資源地質学会で28日、発表したそうです。

見つかるまでは低予算でのんびり研究してもいいですけど
見つかったら予算つぎ込んで早く採算が取れるようにすべきです。

まあ、現政権では決断できないだろうけれど。
海洋上だし、こっそり他国が採掘してもわからなそうだなー。

 - 未分類 , ,