勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

プログラマが残業を減らすためにどうすればいいのか

   

プログラマと言えば
残業がつきものという
イメージがありますよね。

なので、プログラマ同志集まると
どうやったら残業を減らせるか
真剣に考えていたりします。

NAVERにもまとめがあるくらい
残業を減らす方法まとめ

しかし、場合によっては
絶対に残業を
減らすことができない場合が
あると思います。

それは客先常駐かつ
お客さんが残業時間の多さを
評価してしまうようなケース。

この場合は、
諦めて残業と上手く付き合う方法を考えます。

残業時間をフルに働くのではなく、
トイレの個室で休んだり、携帯をいじる、
食事休憩をきっちりとる、
ネットニュースで情報を仕入れる
などして、残業時間だけカウントすればいいのです。

残業代ももらえるし、悪いことなし。

こういうことを書くと、
給料泥棒のように思われるかもしれません。
というか、そう思うのが正常です。

しかし、残業を評価するような
リーダーがいるプロジェクトでは
大抵体を壊しがちです。

その為、適度に手を抜いて
心身のバランスを保つ必要があります。

でも実際に、
働いているつもりになっているだけで
上記のサボリのように効率が落ちている人は
たくさんいます。

それなら自ら「サボっている!」と
意識したほうが、
仕事モードに戻った時の
モチベーションにつながりますし、
なにより誠実だと思います。

それに、悪いのは残業を強要する
上司、プロジェクト、雰囲気であって
不本意な残業させられている本人ではありません。

給料泥棒と呼ばれるのが嫌なのであれば
その給料で参考書、
良いキーボード、
メモリ、ディスプレイを購入し
スキルアップや効率アップにつなげて
仕事で還元すればよいのです。

 - 未分類 ,