勇者コレクター攻略日記

元々はプロのプログラマがレビューする転職情報。今は勇者コレクターの攻略がメイン

ソニーが9980円の電子書籍端末投入でどうなる電子書籍業界!?って茶番じゃん(Kindleは?)

   

ソニーが電子書籍端末「リーダー」に
9980円の新モデルを投入するらしいですよ。

これで価格競争が激化するとか。

ソニーの電子書籍端末9980円、価格競争激化
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120904-OYT1T00842.htm

ソニーは3日、電子書籍端末「リーダー」の新モデルを9月21日に発売すると発表した。
希望小売価格は9980円と、店頭想定価格が2万円程度だった旧モデルの半額以下に抑えた。
国内の電子書籍端末市場では、楽天が7月に7980円の「コボタッチ」を投入しており、世界首位の米アマゾン・ドット・コムも近日中に「キンドル」の日本版を低価格で発売する見通しだ。競争激化を踏まえ、ソニーも低価格戦略で勝ち残りを目指す。

なるほど

ってニュースにしてましたけど
もう片方ではKindleの日本参入を阻んでおいて
よくやるよねー

アマゾンのキンドル 日本でのサービスは年内開始も難しい
アマゾンのキンドル 日本でのサービスは年内開始も難しい

そもそも日本語の電子書籍のコンテンツは現在、全てあわせてもまだ20万点前後。経済産業省がテコ入れしているが来春に30万点いくかどうかだ。

だから、とっとと
出版社の一括契約方式にして
国内の電子書籍の絶対数を
増やさないとダメでしょ。

本当に日本のメーカーって
自らガラパゴス化することが
大好きだね。

 - 未分類 , ,